フォトアルバム

ごあいさつ

  • 温泉・旅のガイドブック「外戸本(がいどぼん)」の編集長をしていた経験を活かし、九州・山口県の温泉を楽しむWebマガジン「温泉Stay」を立ち上げ、温泉宿とともに紹介しています。

仕事紹介

  • ・旅館のネット集客の作業代行
    ・ホームページや印刷物、TVCM制作等
    ・取材・撮影・ライティング
    ・九州温泉ウェブマガジン「温泉STAY」編集長
    ・飲食店「cafe de BoCCo」「つやざき漁港食堂 空と海」を経営

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月13日 (火)

小宿の真髄ここにあり!料理も温泉も小物も雰囲気も◎

Img_6987

昭和のシュールさを残す天ヶ瀬温泉の町並みが今観光客に耳目を集めている。

その一角に佇む「華水」は前5室の小さな宿。

しかしながら、貸切風呂や混浴露天風呂など、合わせて6室もの温泉浴室を完備している。

これは、宿泊客に時間待ちをさせたくない気持ちの表れだと思うが、1つ多い気がする・・・。

川底から自噴する天然温泉の湯量の多さが成せる技でもある。玖珠川沿いに並ぶお風呂は秋風が心地よく、温泉の鮮度も抜群で、もちろん源泉かけ流し。

Img_7015

発電所の建物が、何だかお城のごとく浮かび上がり、異国情調さえ感じながらの入浴は旅情感を一層かきたててくれる。

また、九州中から厳選した食材を使った夕食は、美麗で、美味しくで、量も満足で言うことなし。

Img_7033

館内のインテリアや小物のハイセンスなので、小さいながらも優雅な気分に浸れることは保証する。

プライベート感も高いので、大人なカップルにおすすめしたい。お忍びにも最適かも。

Img_6992

【天ヶ瀬温泉 華水 】

大分県日田市天瀬町赤岩100の1 

電話0973(57)2054

http://www.kasui.com/

2015年10月 1日 (木)

福岡屈指の名旅館の座を射止めた原鶴温泉の宿とは・・。

Photo

季節や平日も関係なく握わいを見せる原鶴温泉の「六峰舘」はリニューアルを機に一気に人気旅館へと上り詰めた。

その人気の一翼を担う屋上の展望庭園露天風呂は素晴らしい、の一語に尽きる。屋上と思えぬ日本庭園には和風情緒がむんむんと漂う。

しかも、遠く耳納連山や筑後川を望む景色も爽快だ。何度も漬かった温泉だが、脱衣場では心がはやる。良泉へ漬かる喜びを身体が覚えているのだろう。ごちそうを前にしてよだれを垂らす、まさしく、パブロフの犬状態である。

4ropoukan鳥肌のたった身体にかけ湯をジャブジャブ。身体の準備が整ったところで、おもむろに左足から漬かり、ゆっくりと身体を沈める。一呼吸置いて、首まで漬かる。

絶妙な湯加減の温泉が染み渡る。湯中にはちらほらと白い湯の花が舞っている。

ほのかに香るのは温泉気分を盛り上げてくれる硫黄臭。硫黄泉にも硫化水素型と硫黄型があり、ここ原鶴の場合はアルカリ性が多いといわれる硫黄型。アルカリ性と硫黄成分によるWの美肌効果が得られる泉質なのだ。

Photo_2

 ハッキリと申し上げるが、決して美人湯を求めているわけではない。いい!と思った温泉に偶然、美肌の効果があるのだ。と、訳もない言い訳をつぶやきつつ通う、今日この頃。

Ropoukan2

【ほどあいの宿 六峰舘】

福岡県朝倉市杷木久喜宮1840 

電話0946(62)1047

http://www.roppo.jp/