フォトアルバム

ごあいさつ

  • 温泉・旅のガイドブック「外戸本(がいどぼん)」の編集長をしていた経験を活かし、九州・山口県の温泉を楽しむWebマガジン「温泉Stay」を立ち上げ、温泉宿とともに紹介しています。

仕事紹介

  • ・旅館のネット集客の作業代行
    ・ホームページや印刷物、TVCM制作等
    ・取材・撮影・ライティング
    ・九州温泉ウェブマガジン「温泉STAY」編集長
    ・飲食店「cafe de BoCCo」「つやざき漁港食堂 空と海」を経営

« | メイン

2016年4月11日 (月)

古い角質層は、さようなら。サラサラ美肌の湯、山鹿温泉。

Img_7289

よく巷で使用される“美肌の湯”という言葉。これはどんな泉質でどんな効果があるのを指すのか、温泉ソムリエとして詳細にコメントしたいが長々となってしまいそうなので超簡略化することに。

2sumi

もっともポピュラーなのがアルカリ性の温泉。代表格は山鹿温泉や山鹿の平山温泉だろう。アルカリ成分は実は石鹸の役割と同じ効能を発揮し、肌の古い角質層を乳化させるためトロトロした柔らかな肌触りになる。そしfて、新陳代謝することにより、新しい角質層が形成されるため美しい肌になる、という訳だ。向かったのはその熊本県山鹿温泉に建つ「旅館 寿三」。

1sumi

菊水インターを降りて約15分、山鹿市内のほぼ中心部に建つ。チェックイン後、早速5階の最上階にある展望大浴場へ。山鹿温泉街を見渡すその浴槽内には、なみなみと温泉が注がれ続けている。貸し切り状態のその浴槽にゆっくりと漬かる。場所取りも自由自在。ど真ん中のたぬきの側に陣取る。ヌルヌルだ。それもその筈、pH9.5というアルカリ泉なのだ。源泉温度が少し低めのため、加温しているが湯量は豊富なので、かけ流しているそう。確かに湯船から溢れる量も多い。温泉好きなら贅沢な気分に浸れること間違いない。体中をさすって、古い角質層を落としながら、美肌への興味は薄いのだが、もしこの歳でもつやつやに少しでもなれるのなら・・という気持ちが心の奥底に潜んでいるのだろうか、指先がふやけるまで、堪能した。 

湯上りの肌のサラサラ感はハンパじゃない。汗かきの私としては爽やかさ、この上なし。さて、夕食だ。

Img_8977

良質な美肌の湯に隠れているが、料理の評判がすこぶる高いのだ。天草の魚を使ったお造りは鮮度も量も◎。また、今日のコースは熊本名物の馬刺しもフィレ・タテガミ・サシ入りの三種盛り。フィレをタテガミに巻いて頬張る贅沢な食べ方で楽しむ。

Img_8994

そして、ここのアラ炊きは、丁寧な下処理のおかげで鯛の旨味だけを味わえて絶品だ。これを目当てに訪れる常連さんもいるとか。また、大海老の塩焼きや黒毛和牛の陶板焼きに寄せ鍋など、どれもこれも主役級が続々と登場する。しかも、温泉水で炊く、山鹿のご飯は噛むほどに甘さを感じる。

サラサラの湯上りにこの料理が待ち受けている至福のとき、想像するのに難くない筈。

Sumi2

【山鹿温泉 寿三】

熊本県山鹿市山鹿1645 

電話0968(44)6121

http://yamaga-sumi.com/

 

コメント

コメントを投稿