フォトアルバム

ごあいさつ

  • 温泉・旅のガイドブック「外戸本(がいどぼん)」の編集長をしていた経験を活かし、九州・山口県の温泉を楽しむWebマガジン「温泉Stay」を立ち上げ、温泉宿とともに紹介しています。

仕事紹介

  • ・旅館のネット集客の作業代行
    ・ホームページや印刷物、TVCM制作等
    ・取材・撮影・ライティング
    ・九州温泉ウェブマガジン「温泉STAY」編集長
    ・飲食店「cafe de BoCCo」「つやざき漁港食堂 空と海」を経営

お出かけランチ(九州・山口) Feed

2016年2月16日 (火)

ここが私の竜宮城!

Img_7968 何度も言ってきたが、私は甲殻類大の好物だ。

中でもカニは別格、さらに竹崎カニの地位たるや崇拝しそうなほどである。

そんな竹崎カニが味わえるのが、佐賀県の太良竹崎温泉だ。そこは小さな港町。

そこに温泉旅館が点在していて、全ての旅館が生簀を持ち、鮮度抜群の魚介類を提供している。もちろん、竹崎カニとよばれるガザミが主役だ。

今回は海に面し、契約漁師さんが旅館の厨房に直接船を着けて、獲れたてのカニや魚介類を納品するという、料理自慢の宿「太良観光ホテル」を紹介しよう。

Img_6862 男性用の露天風呂は海に突き出ているため、

湯船につかるとまるで海の上に浮かんでいるかのような錯覚に陥らなくもない。

しかしながらいくら私が温泉好きとはいえ、太良に来る目的は竹崎カニにほかならない。

15000 ご覧あれ!これが漁師さんと直接契約している旅館の1泊2食1万5000円の夕食だ。

なんとまぁ、太っ腹だこと。

「こんなに食べれな~い」

と言う女子もあまりの美味しさにぺろりと平らげてしまうこと請け合いだ。

他と比較してもこちらの料理はハイコスパなのは見ての通り。

Img_7772 和室中心の客室構成だが、ロビーには可愛らしいカフェも。

Img_7754 景色よし、料理はとってもよし、しかも温泉という、

カニ好きの私にとっては、紛れもなくここは竜宮城である。

【太良観光ホテル】で検索を!

2015年11月13日 (金)

これが世界第2位の湧出量を誇る別府の底力。

Photo

業界では名旅館として知られるが、意外にも肩肘張らずに訪問できる。

というのも館内の食事処のうち料亭以外の3つは、予約なしの飛び込み利用が可能。なかでも生簀を構える「食事処浜菊」には、隠れた!?サービスが存在する。

_

それは2000円以上の飲食で、大露天風呂の入浴料1000円が無料になるという、ありがたい代物。ということで早速、2100円の「菊御膳」を注文する。近海であがる旬の魚介をはじめ、味も量も申し分なし。なるほど、これだけで2100円の価値はある。

食後はしばし日本庭園を眺め、寛ぎのひとときを。

Photo_4 入浴サービスの旨は、精算時に告げられる。フロントで押印してもらえば、レシートが入浴券へと早変わり。

Photo_2 そしていざ、本日の男湯「楠湯殿」へ。内湯・露天ともに数十人は入れそうな圧巻の広さ。しかもこの大きな湯船には、アルカリ性の天然温泉が掛け流されている。

Photo_3

これが別府の底力だ。

露天ではかけ湯をした後、ゆっくりと湯船の中央に進み出る。腰を下ろせば、ここが別府のど真ん中であることを忘れてしまう程の開放感。至福の「ふ~っ」が何度も口をついて出る。お湯はトロリとしているが、湯上がりはサラリとした清涼感。旅の醍醐味である非日常を体験するにはうってつけの温泉だ。

 一流ホテルさながらの接客、別府の温泉力を活かした掛け流し温泉、そして手間を惜しまない料理。日帰りだけではもったいないと言われると…、残念ながら反論はできない。

【別府温泉 ホテル白菊】

大分県別府市上田の湯町16-36

TEL.0977-21-2111

FAX.0977-21-5633

http://www.shiragiku.jp/

2015年11月 6日 (金)

展望台が温泉リゾートへ変貌、極上の天草。

Dsc0018322

九州自動車道の松橋インターを降りて約1時間。

天草五橋の袂の小さな岬に建つ「天空の船」はその名のごとく真っ白い豪華客船が、今にも出航しそうな様子の外観の温泉リゾートなのだ。

_mg_6956

元展望台だった地に建つため、天草特有の多島海を眼下に一望できるのだ。

その絶景はレセプションから海へ張り出したように作られたプールや全客室に付いた露天風呂から臨むことができる。オレンジ色に染まる夕景は筆舌に尽くしがたいほどの絶景だ。

130810450 

夕食は本館のレストランで天草の鮮度抜群の食材を使った海鮮イタリアンが供される。豪華な店内と絶景の中食する料理がうまいのは言うまでもない。

_mg_7082

優雅さとプライベート感を兼ね備え、料理も絶品。再訪確実の温泉リゾートを発見した。

Img_4317

【天草・松島温泉 天空の船】

熊本県上天草市松島町合津5984の2

電話0969(25)2000

http://www.tenku-f.jp/

2015年10月 1日 (木)

福岡屈指の名旅館の座を射止めた原鶴温泉の宿とは・・。

Photo

季節や平日も関係なく握わいを見せる原鶴温泉の「六峰舘」はリニューアルを機に一気に人気旅館へと上り詰めた。

その人気の一翼を担う屋上の展望庭園露天風呂は素晴らしい、の一語に尽きる。屋上と思えぬ日本庭園には和風情緒がむんむんと漂う。

しかも、遠く耳納連山や筑後川を望む景色も爽快だ。何度も漬かった温泉だが、脱衣場では心がはやる。良泉へ漬かる喜びを身体が覚えているのだろう。ごちそうを前にしてよだれを垂らす、まさしく、パブロフの犬状態である。

4ropoukan鳥肌のたった身体にかけ湯をジャブジャブ。身体の準備が整ったところで、おもむろに左足から漬かり、ゆっくりと身体を沈める。一呼吸置いて、首まで漬かる。

絶妙な湯加減の温泉が染み渡る。湯中にはちらほらと白い湯の花が舞っている。

ほのかに香るのは温泉気分を盛り上げてくれる硫黄臭。硫黄泉にも硫化水素型と硫黄型があり、ここ原鶴の場合はアルカリ性が多いといわれる硫黄型。アルカリ性と硫黄成分によるWの美肌効果が得られる泉質なのだ。

Photo_2

 ハッキリと申し上げるが、決して美人湯を求めているわけではない。いい!と思った温泉に偶然、美肌の効果があるのだ。と、訳もない言い訳をつぶやきつつ通う、今日この頃。

Ropoukan2

【ほどあいの宿 六峰舘】

福岡県朝倉市杷木久喜宮1840 

電話0946(62)1047

http://www.roppo.jp/

2015年9月 2日 (水)

九州が誇る絶景を温泉につかりながら堪能する。

3

九州が世界に誇る大自然の久住高原真っ只中に佇む。

オートキャンプ場も併設する温泉施設は、360度、草原や山々に囲まれている。

冬までの夜空には、目を疑うような天の川が天空を彩り、

ロマンティックな気分に浸れること請け合いだ。

日帰りでも楽しめるプランは

国産黒毛和牛のロースとカルビ・鶏肉・ソーセージに野菜・キムチにご飯がついて、

3000円(税別)也。ボリュームも申し分なし。

Img_6706

おすすめの宿泊プランは「お食事ワンランクグレードアップ!!

黒毛和牛溶岩焼付き会席プラン」(平日11,000円・休前日14000円の税別)。

1

この値頃感も魅力の一つなのは、言わずもがな。

Img_6678

【久住高原コテージ】

大分県竹田市久住町大字白丹7571の23    

電話0974(64)3111

http://www.kujukogen.com/

2015年8月12日 (水)

カニ食べ行こう~~♫ to 豊洋荘。

Photo

西日本スポーツ新聞「花田伸二いい湯だな!」本日発売

夏休みは、イベント盛りだくさんだったので、久しぶりの掲載です。

「竹崎蟹が突然食べたくなった」という私的な欲求を満たすべく、

佐賀県太良町の「豊洋荘」を日帰りプランで取材してきました。

もちろん、プレゼントもありますよ!

4953

【太良竹崎温泉 豊洋荘】

佐賀県藤津郡太良町大浦丙1099の5    

電話0954(68)3545

http://www.nikani.com/

2015年7月 9日 (木)

超トロトロ、化粧水の湯とランチがセットのお得プラン

Img_6035

複数の知人から原鶴温泉の「延命館」の温泉が超おすすめ、

との情報を立て続けに入手することになった。

そこまで言うなら、と行ってきた。

「延命館」の敷居を跨ぐのはかれこれ15年ぶり。

Img_6052当時のままのロビーを通り、大広間へ案内される。

畳敷きの大広間にはカトラリーやワングラスがセッティングされたテーブルが並び、洋風なムードが漂う。メニューは1800円の「温泉ランチ」のみ。ただし、メインは5種類から選べ、その上温泉入浴もついているのだ。

Img_5992_2 この日は一番人気の「牛肉の赤ワイン煮」を注文。

サラダにスープ・バゲットにメイン・デザートにドリンク付き。これだけでも1800円の価値はあるのに温泉入浴のサービスも。早速、牛肉の赤ワイン煮を頬張る。肉の繊維の食感と蕩ける具合が絶妙。味付けもさほどワインの酸味がない日本人好み。その美味しさにフォークの進み具合が速く、優雅な筈のランチもあっという間に終了。

さて知人達、絶賛の温泉へ。

浴場内に咲き誇る花々を眺めながら、露天風呂へゆっくりと漬かる。

「・・・なに、この温泉!!!」まるで化粧水だ。トロットロの肌触り。

肌にまとわりつくとはまさにこのこと。副交感神経にスィッチが入り、とってもリラックスした気分になる。全身の毛穴からストレスという毒素が浴槽内に溶け出していくようだ。しかも、体はヌルヌル。全身を撫でまくる。小さな気泡が皮膚に取り付いている。炭酸成分も多い。これはほんとに極上の温泉だ。もちろん、源泉100%のかけ流し。

Img_6045近場にこんないい温泉があったとは、灯台下暗しであった。

Img_0081

【原鶴温泉 延命館】

福岡県朝倉市杷木志波15の2 

電話0946(62)1133

http://www.enmeikan.com/

2015年5月16日 (土)

秀逸な建築物に勝るとも劣らない会席

現代の名工と言われる7人の棟梁が腕を競い合うように建築した大分県長湯温泉の「翡翠之庄」。特に茅葺き屋根を冠した母屋は、圧巻の造りだ。
広大な敷地に点在する離れや温泉施設は回廊で結ばれ、ちょっとした探険気分を味わえる。

長湯温泉は、炭酸成分の含有量が高い温泉として知られ、その源泉温度や含有量、湧出量を総合的に判断して、日本一では⁈と言われている程だ。

しかし、こちらは料理が主役だと僕は思っている。地元食材のエノハ(ヤマメ)や、自家菜園の採れたて野菜や自家製ハムなどを使った会席料理は絶品ばかりなのだ。というのもこちらのオーナー・首藤文彦氏は、ベニンシュラホテルのシェフを務めていた経歴を持つ。美味いはずだ。

水も辛いもかみ分けた大人にオススメしたい、日本代表の宿である。


「長湯温泉 翡翠之庄」
大分県竹田市長湯温泉
tel.0974.75.2300

2015年4月30日 (木)

優雅な日帰りランチ+温泉=2600円 in 嬉野

Photo

「日本三大美肌の湯」の一つ佐賀県嬉野温泉。

その嬉野温泉老舗旅館「和多屋別荘」には予約なしで利用できるレストランがある。

なかでもおすすめは「佐賀牛賓館」の「佐賀牛・湯豆腐しゃぶしゃぶ」(2600円・税別)。

Img_6006

佐賀牛のしゃぶしゃぶと嬉野名物「温泉湯豆腐」が

両方味わえるという嬉しいメニューなのだ。

しかも、大浴場への入浴料1000円が半額になるという特典付き!

Photo_2

老舗旅館なので接客も優しく、安心して利用できる。

福岡より車で1時間ちょっとの嬉野は日帰りには最適な距離感だ。

Sd01

Img_1918

【嬉野温泉 和多屋別荘】

佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙738 

電話0954(42)0210

http://www.wataya.co.jp/

 

2015年4月22日 (水)

病みつきになる豊のシャモうどん

大分県は長湯温泉へやってきました^_^
ここには、行きつけの食事処があります。「天風庵」です。
温泉も宿泊施設も、食事処もある、いわゆる和風オーベルジュ。

これがいつものメニュー、豊のシャモうどんです^_^

大きなポーションの歯ごたえある豊のシャモやサツマイモ、カボチャ、ナスなどのてんぷらを刻んだゴボウやニラと一緒に味わうのです。
絶品ですよ。
長湯のガニ湯近くです。